門西の家ができるまで

初生の家では足場が片付けられ、外観がお目見えしました。
黒い外壁に無垢材の戸箱がアクセントとして映える平屋です。

今回の店舗住宅を設計するにあたっては、南西にふれている土地の特性をうまく活かした間取りにすることが課題でした。

また東の隣家と近いこと、南面に店舗を構えることの2つの条件をクリアし、“暮らしの中心となるリビングはできる限り自然光が入るようにしたい”というご要望にお応えすべく、外からの視線を気にすることなく光を採り込める大きな高窓を住居玄関上に設けました。

そして玄関とリビング・ダイニングを壁で区切らずに、玄関内の広々とした土間の中にある大きなシューズクロークが間仕切りも兼ねることで高窓の光がリビングにも届き、明るさと開放感を感じられるスペースとなりました。