門西の家ができるまで

11月半ば、朝晩の冷え込みが増してきましたね。
風邪も流行りつつありますので、手洗いうがいは欠かせません。
浜松市西区篠原町のフルリノベーション物件の断熱工事を進めています。
壁を剥がし、その中に断熱材を吹き込む作業です。

断熱材が入ると何が違うのか?

窓の性能も関係してきますが夏は外の暑い空気を家の中に伝わらないようにし、冬は温かい室内の空気を逃がさないにする働きがあります。
服で例えると下着のような存在です。
そこに門西建築が採用する断熱材セルロースファイバーは防音効果、調湿効果も兼ね備えています。
防音は室内の音を漏らさないよう、外からの音をできるだけ遮断させる効果があります。
調湿は室内の湿度が高い時は湿度を吸い、乾燥した時には水分を放出し湿度を調整する効果があります。
これからの乾燥シーズンは過乾燥にならないよう、コントロールできるのも風邪予防に最適です。

仕上がると見えない部分ですが壁の中は快適な暮らしを守るために重要なパーツとなります。
今あるものを綺麗に仕上げたり、住設機器を取り替えるリフォームと違い、フルリノベーションは住環境までも向上させることができます。