門西の家ができるまで

門西建築では、社員大工が家を建てることにこだわっています。

「外注」するという方法もありますが、施工に責任を持つことが大切だと考えているからです。

社員大工が、現場監督の業務も兼ねていますから、「お客様からの変更希望や要望」にもすぐに対処でき、スムーズに現場が動きます。

また、どうしてこうなったか分からない、などの有り得ない事態も防ぐことが出来ます。

ここが良い家づくりの肝であり、

それは建ててからの責任あるアフターフォローにもつながります。

”お客様と、実際に家づくりをする職人との距離が近い”

それが門西建築の特徴なのです。