新都田の家

広々とした10帖の玄関ホール、そこからリビングへと続く長い廊下は障子から届くやわらかな光で明るく、まるで縁側のような存在です。家のどの場所からも庭を眺めることができる窓があり、それぞれの角度から、外の景色をたのしむことができます。LDKには薪ストーブ、そして天然杉の一枚板で作った食器棚+カウンターがあります。

工事規模 木造平屋建て
完成 2022年4月
延床面積 111.10㎡
設計 門西建築

前の記事

上野部の家