動画ギャラリー

安心して、家づくりを進めていただくために作りました。

建ててからでは見えない、建物の内部が分かる " 門西の家づくり動画 "

丈夫な家をつくるための木組み。
その下準備として「手刻み作業」があります。
木と木を組むための、接合部分をつくる手刻みは、正確さが求められる重要な工程です。

現代の知恵である構造計算、そして伝統の木組みの技を合わせることで
何事にも動じない、木が支える丈夫な家の骨組みが完成します。

土は、昔から日本の家づくりに使われてきた自然素材です。
呼吸しながら室内の空気を循環させてくれる土壁に仕上げるため、4層に塗り重ねていきます。

雨や風から建物を守るだけでなく、屋根を支え、地震にも耐える力を持つ壁は、
素材を幾重にも重ねることで仕上げていきます。