門西の家ができるまで

下山梨の工房からの風景です。

長閑な環境で木と向き合う時間です。

門西建築で建てる家は、地元で育った天竜杉を使用しています。

時間をかけてじっくり育てた木を天然乾燥させ、特性を最大限に引き出した杉を

森町の(有)アマノさんから仕入れたものです。

そもそも天竜川流域の森林は「天竜美林」と呼ばれ、日本三大人工美林の1つ。

その起源は、明治時代に金原明善が治山・治水を目的に約700万本の植林を行ったことに遡ります。

天竜材は、薄い小豆色の赤身(芯材)の部分が他の地域材と比べて多いといわれています。

赤身は耐水性と耐久性に優れ、建材には最適です。

また、天竜材は目が詰まって粘り強く加工しやすいという特徴もあり、

カンナをかけるだけで木肌のツヤが増し、美しい光沢を放ちます。

家の中の木材が、年月とともに変化しながら、味わいを増していくのを楽しんでもらえたらと思います。