門西の家ができるまで

まずは、お客様がどんな家を建てたいか、お話ししてから設計していきます。

見た目はどんな建物で、家の中はこんな感じがいいな、などの希望はどんどん話してください。
たくさん話すことによって、お客様のイメージも伝わりますし、それを大事にしたいと思っています。

けれど、設計をするにあたって、門西建築では建物だけではなく、土地や周りの環境も見て、その良さを生かせるように、土地も含めた視点でアドバイスさせてもらいます。

希望の建物をそのまま造るだけでなく、プロだからできる違う視点や実際建ててきた経験を生かして、お客様が暮らした時に、その土地の中で建物が生き生きとするようにつくりたいと考えています。

また、門まわり=「家の表情」のご提案もします。
緑があると、門やその家の印象は予想以上に変わります。

庭があることで風の入り方、日差しをやわらげる効果、プライバシーの確保や防犯にも役立ちます。
門西建築ではプランナーと庭師が協働で家の表情について現場でつめていきます。

四季折々に愉しめるよう、建物の中からだけでなく、外から見たイメージづくりもします。土地や希望にあった木の知識、手入れなども聞いてください。

建物のイメージに合った庭づくりも大事だと思いますし、庭も建物と同時に検討すると予算を含めて進めることができます。
庭の木々は完成の時が一番ではなくて、徐々にその土地に根を張り、家と共に味わいが出て、住む人の手入れや愛情にこたえてくれるものだと思います。