門西の家ができるまで

土壁は日本の高温多湿という気候に合わせて暮らす、先人の知恵が生み出したもの。
いまではクロスなどの工業製品の壁紙が多いですが、
わたしたち門西建築がつくるのは『土壁の住まい』。
今回はその土壁についておはなしします。

門西建築

まず先に言ってしまいますが、土壁のデメリットは時間と手間がかかること、そして造り手や材料によってクオリティに違いが出る事です。工業製品のように、全て同じものには出来上がらないのです。

それに対し土壁のメリットはというと、
・一年中、湿度を一定に保つ。
・防火性に優れている。
・シックハウスなどの心配がない。
・自然素材だから、環境への負担なく自然に還ることができる。
・手仕事だからこその味わい、色や塗り方で表情を変えることが出来る。
などです。

土壁

〜土壁のつくりかた〜
つくりかたは木小舞の下地を編み、その上へ“土”と“藁”を混ぜてよく練り、数か月間発酵させたものを塗り重ねて仕上げていきます。乾かし、そして塗りを重ねますから時間はかかりますが、しっかり乾かして塗ることで、良い仕上がりの丈夫な壁をつくることができます。

土壁

当社のモデルハウスを建築した際はお子様を招いて土壁塗りのワークショップを開催しました。“土アソビ”しているような感覚で親子で楽しみながら塗っていました。

興味のある方は是非当社のモデルハウスへお越しください。