門西の家ができるまで

日本には四季があります。
うららかな春、雨の日の多い梅雨、暑い夏、涼しい秋、そして寒い冬。
季節によって、過ごしやすさも違うこの日本。

現代には、エアコンもストーブも除湿器も空気清浄機も、より快適に過ごせるようにつくられたものが沢山あり、屋内で一年中居心地よく過ごすことができます。

昔は便利な電化製品などないので、自然に合わせた知恵や工夫で快適に過ごせるよう家づくりをしてきたのです。

軒もその工夫のひとつです。
軒が夏の強い日射しを遮ってくれ、窓を開けると風を取り入れることができる。

梅雨のときには、雨が家の中にはいってくることなく、窓を開けて過ごすことができる。(よこなぐりの雨はさすがに防ぎきれませんが)

冬は、軒があっても日差しが低いため、あたたかな日差しが室内にもさしこむ。

軒は、四季を通じて私たちに快適をもたらしてくれる存在なのです。

当社のお昼休憩は軒下で仲間と談笑しながらお弁当を食べたり、昼寝をしたりしています。

現代において、すべてを便利なものに頼らなくても、こうした先人の知恵を取り入れながら暮らしていくのも、素敵な暮らし方ではないでしょうか。